視覚障害の方の道具を見せてもらおう

4年生は学校に視覚障害の方に来ていただき、お話を聞かせてもらいました。
日常生活のお話を聞いたり、視野障害や視力障害などの人は、どんな風に見えているのか、自分たちの手を使ったりして体験をしました。
便利グッズとして、白杖・点字がある本・拡大読書器・単眼鏡・ルーペ・スマホを見せていただき、休憩時間に触らせてもらったり、白杖を持った障害のある人、お手伝いをする人の体験もしました。
たくさんの質問にも、優しく答えていただきました。
最後には、優しく声をかけたい。声のかけ方がわかった。という感想もでていました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください