高齢者擬似体験

社会福祉協議会の方に来ていただき、手足に重りをつけ、ゴーグルをはめ80歳の体を体験した子供たち。背中が曲がる!目が見えにくい!ペットボトルの蓋が開けられない!と大変さを実感していました。
運動場では、実際に車イスに乗り操作の難しさや、押して介助する大変さも体験していました。
友達に手を引いてもらい、優しく声をかけてもらうという体験を通して学ぶことがたくさんあったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください