習字の授業


3年生は習字の授業が始まりました。
1回目は、まず毛筆に慣れてみようということで、自由に絵を描きました。
2回目は真っ直ぐな線を書く練習。筆の持ち方や角度、力の入れ具合で線の太さが変わる事を学びました。
そして3回目の今日はいよいよ文字を書きます。課題の漢字は漢数字の「一」。最初に筆を置く角度、筆を動かす速さに気をつけながら、すこーし右上がりになるよう意識して、最後の「トメ」を丁寧にキメて綺麗な「一」の字を書いていました。

3、4年生プール開き

6月17日、午前中に3年生、午後から4年生のプール開きがありました。
コロナ対策で準備体操の掛け声も小さく。。。と先生から注意があったけど、ついつい大声で「いーち、にいー、さぁーん、し!」と声に出してしまう子どもたちでした。(*^▽^*)

3年生にとっては初めての大プール。自信がない子は小プールでの水泳です。
大プールで泳いだ子は「思ってたより深く無かった」と笑顔で大プールを楽しんでいました。

これで全学年のプール開きが終わりました。
水の事故が無いよう気をつけて2020年のプールの授業楽しんでくださいね。(^ ^)

地震・火災避難訓練

5月26日、朝の時間に地震・火災避難訓練が行われました。
各クラスの担任の先生からの
(お)さない
(か)けださない
(し)ゃべらない
(も)どらない
(ち)かよらない
の話を聞いた後、教室のスピーカーから
「地震が発生しました。先生の指示に従って机の下に隠れて下さい」
との放送で、子ども達は一斉に机の下に隠れました。
続けて「理科室から火災が発生しました。先生の指示に従って避難して下さい。」の放送です。
例年だと、運動場まで避難するのですが、今年は教室の前の廊下に並ぶまでの行程。
教室に戻って、先生から「おかしもち」を守ること。火災の時は火元から離れた避難経路で避難することを教わりました。

昔のくらし

三年生は老人クラブの皆さんと一緒に昔使っていた古い道具について学びました
みな初めて見る道具に興味深々で老人クラブの皆さんに使い方などを教えてもらいながら実際に道具を使ってみて学んでいました

中でも人気だったのが唐箕と石臼です
唐箕は木製の箱型の道具で投入口に大豆と籾殻に見立てた紙を中に入れ横にあるハンドルを回すと紙だけが外に出てきて大豆だけが中に残りました
ハンドルを回すことで風を送り出す仕組みになっていて穀物の実と籾殻を分ける道具だそうです
唐箕から紙吹雪が出てくる様子が楽しかったようで子ども達はずっとハンドルを回してました
もう一方の石臼ですが実際に大豆を挽いてきな粉を作ってました
挽きたてのきな粉が美味しかったようでこちらも最初から最後まで大人気でした

老人クラブの皆さんも古い道具を子ども達に知ってもらえて嬉しかったようです
子ども達も老人クラブの皆さんも終始笑顔でとても良い経験になったのではないかと思いました

和ろうそく作り

3年生は中原の豊かな自然を守る会の方々にお越しいただき、家庭科室で和ろうそく作り体験をしました。
 70℃に溶かした生ろうを和紙と綿、い草で作った芯をセットした枠型に流し込んで和ろうそくを作ります。
冷やして固まった和ろうそくを枠型から取り出して、市販の洋ろうそくとの燃え方の違いをみんなで観察しました。
また今日はサガテレビとNHK佐賀の取材もあって、夕方のニュースで和ろうそく作りの様子が放映されました。(^^)

みそ作り

三年生はJA女性部の皆さんと一緒にみそ作りを行ないました
三年生は今、国語の授業『すがたをかえる大豆』や大豆の収穫等を通して色々な姿に変身する大豆について勉強しています
今回のみそ作りもその一環で使用した大豆も先日子供たちが協力しあって収穫したものでした

JA女性部の皆さんの御指導のもと、袋に入った煮た大豆をみんなで潰したり麹や煮汁を混ぜて捏ねたり丸めたりと楽しくみそ作りを行ないました
最後に丸めたみそを桶に入れて熟成の準備を行ったところで今回のみそ作りは終了
熟成が終わってみそが完成するのは三か月後との事でした
想像以上に時間がかかる事にみんなびっくりしていましたがその分完成が楽しみなようでした

醤油ものしり博士

3年生は、今日の3・4時間目に「しょうゆものしり博士」によるお話がありました。
北村醤油さんのきたむら博士と、マルヨ醤油さんのよしずえ博士によるお話です。
まずは、香りのイメージを感じてもらう為に、ホットプレートにお醤油を塗って、香ばしい香りを感じました。焼きおにぎりのような、お餅のような、美味しそうなにおいです。香りには、バラの花や、バニラ等、香りの成分が300種類以上入っているのだそうです。ビックリ‼️
原料は、大豆、小麦、塩です。あとは「麹菌」です。この麹菌は、日本独特のものであり、別名「国菌」とも呼ばれているそうです。
最後に3パターンの味見をしました。
①できあがったもろみ→酸味がありました。
②もろみをしぼったもの→醤油の味です。
③売っている醤油→甘味があって美味しい🎶今回は、北村醤油さんの実際に売られている醤油でした。
地域によっても味の差がある醤油、九州では、甘味の強いものが多いそうです。
話を聞きながら、興味津々。子供たちも、大豆を育てていた事もあり、ひとつひとつ熱心に見入ってました。

コンニャク工場見学

3年生は野口こんにゃく工場へ見学に行ってきました。2組は3・4時間目、1組は5・6時間目でした。
なんと、115年近く続いているのだそうです!!すごいですねー!!
まずは、帽子を被り、埃を落として入室です!
見たことない機械ばかりで、みんなきょろきょろ^_^
説明が始まると、こんにゃく芋から出来てる事に驚いてました。実際にはこんにゃく粉に加工されてるものを使用するのだそうです。
実際の材料を、袋越しに触らせてもらい、さらさらしてるー!!まっしろ〜!!と、興味津々でした。
材料は、こんにゃく粉と、カルシウム、粉末海藻、この3つのみだそうです。
子供たちは、事前にたくさんの質問を準備してきていて、一つ一つ丁寧に答えて頂きました。
どれくらいの時間がかかるのか質問があり、短くても4時間、長いものは12時間位かかることを知り、えー‼️すごーい!!とビックリ。
これからの給食で出てくるのが楽しみですね🎶

スケッチ大会

今日は先週の雨で流れたスケッチ大会のリベンジです。
抜けるような青空の下、3~6年生は風の館、中原庁舎、中原駅、綾部神社、校庭の五箇所に分かれて、
皆真剣な表情で思い思いの絵を描いていました。