防煙教室

6年生は5時間目に防煙教室がありました。
あおぞらクリニックの今村先生に「たばこの害」についてお話をしていただきました。
最上級生らしく静かに話を聞き、今回のお話で受動喫煙という言葉を初めて聞いた子どもがほとんどで、
タバコを吸う人よりも周りの人が吸う煙の方が有毒だということを学んでいました。
アンケートでは、将来タバコを吸わないと思っているひとがほとんどで、
「タバコを吸おうよ❗」
という誘いを断る練習の時には、みんなハッキリと断ることが出来ていました。
ちなみにお話が終わった直後、子ども達はその場にいたタバコを吸う先生をじっと見たため、先生はゆっくり退室されていました。(^0^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください