サガン鳥栖体験

J1サッカーチーム・サガン鳥栖の赤司チーフ、陶山コーチ、向田コーチにお越しいただき、6年生はサガン鳥栖体験をしました。
運動場で二人一組になって、ひとつのボールをお互いの右手と左手で支え合って、もう一つのボールをお互いにドリブルしながら、コーンを回ってくるというゲームを通して、相手とのコミュニケーションの方法、そして相手を思いやるという気持ちを学びました。
最初は1つのボールでのドリブルが、回を重ねるごとに2つ、3つと増えていき、子どもたちは悪戦苦闘しながら楽しみました。
最後に男子と女子に別れて両端で手をつなぎ、「青い靴を履いてる人!」とか「今日の朝ご飯はパンだった人!」などの条件に合った子どもたちがボールを奪い合ってサッカーするというゲームで盛り上がりました。
サガン鳥栖は今季、J1残留ラインギリギリの順位ですが、必ず勝ってJ1残留を果たす!という心強い言葉を赤司チーフから聞くことが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください