親子お話会

3時間目は体育館で親子お話会でした。
まずは槇原教頭先生の朗読。韓国のペク・ヒナさん原作の「あめだま」というお話です。
不思議なあめ玉を舐めると、物やペット、お父さんの心の声が聴こえてくるというお話でした。

朗読の後は、おかあさんたちの人形劇「三枚のお札」です。
お寺を追い出された小僧さんに襲いかかるヤマンバに、三枚のお札と和尚さんの知恵で対抗していきます!
おかあさんたちの迫力ある演技に子どもたちも大喜びでした。(o^^o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください