献立委員会

9月7日
献立委員会が開かれました。主に11月、12月の献立を先生方と母親委員で話し合いました。
秋の味覚をふんだんに取り入れたり、新嘗祭や冬至につかう食材、熊本の郷土料理の給食等々。その他、4~7月はどんな食べ残しがあったか、食べ残しの傾向分析もします。
献立委員会は年に6回程開かれ中原小の子供達の健やかな成長を願い大人たちが創意工夫をして給食献立を立てています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください