2年生とうもろこしの皮むき


給食の食材を扱われている、坂本ストアーさんが来られて、トウモロコシについて、説明されました。たくさんの皮に包まれていて、真ん中の部分が、みんなが食べる実であり、その部分は種になるということ。そのため、身の部分はとても栄養価が高いとのことでした。
子供たちも、「へぇ~~」ととても感心している様子でした。
お話の後、各班に分かれて作業に入りました。一枚ずつではなく、一気にむいてしまっている子もいましたが、お互いに協力し合って頑張ってました^ – ^
全校生徒の給食の食材になるので、ひとつひとつ丁寧に剥いてください。と言う先生の声かけがあり、ひげの部分まで丁寧に剥けてました。
袋に入れたトウモロコシの匂いを嗅いで、あま~い、美味しそう、と、興奮ぎみ(^。^)
最後は給食室へ持っていき、よろしくお願いします
と言って渡してました。
みんなが黙々と作業ができていて、最後の片付けまで、とてもスムーズでした^ – ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください