とうふ作り

4年生は「さが食と農絆づくりプロジェクト」の、ふるさと先生・松下美雪さんに来校いただき、とうふ作りに挑戦しました。
前日から水に浸けて3倍に膨れた大豆をミキサーにかけて、鍋で20分ほど煮て「煮呉」を作りました。
煮呉をふきんで濾して、「おから」と「豆乳」に分けます。豆乳を82℃まで加熱して「にがり」を加え、型に流し込んでおもしをしたら豆腐が出来上がりました。
子どもたちは自分たちで作った豆腐と、おからで作ったサラダを試食して、口々に「美味しい」と自画自賛してました。(o^∀^o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください