昔のくらし

今日は中原老人クラブの皆さんにご協力いただいて、3年生が「昔のくらし」について学習しました。地域の方々が大事に保管してくださっている昔の農機具や生活用具をお借りして、用途を説明していただいたり実際に触れて自分で動かしてみるなど、とても貴重な体験をすることができました。

唐箕(とうみ)、しょうけ、火鉢、ネズミ捕り、蓄音機などたくさんの道具がありました。石臼で実際に大豆を挽いて出来立てのきな粉を味見する子もいて、楽しく学習することができたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください